ふくのうまうまプロジェクト

美味しい商品開発奮闘記

三方原 男爵じゃが芋のポテトチップ

Image1.jpg
写真は三方原の夢倶楽部のメンバーのお店です。

今年も大人気のポテトチップの販売開始です。
早くも2回目の発注で静岡とやり取りです。
このポテトチップは
ポテトチップ関連記事 ←  クリック
こんなかんじでみんなで大切に育ててきたものです。


昨日、24日の読売新聞の全国版に出たみたいでてんやわんやになりそう・・・
まずは確認です。
新聞屋とコンビニになかったので商店街の仲間のお店で読売新聞をゲット
あれれ、岐阜県は乗ってないの??
ネット注文が来てるのでのってるはずだけど・・・
仕方ないのでネットで検索開始
あったあああ
下記が記事の内容です。


(2009年6月24日07時14分 読売新聞)
これが噂の“幻のポテトチップス”…浜松産、口コミで人気


浜松市の酒販店で、今年も店頭に並んだ「三方原のポテトチップス」 浜松市北区の三方原地域で収穫されたジャガイモを使った「三方原のポテトチップス」が人気を集めている。

 収穫時期の6~9月にだけ販売されることなどから「幻のポテトチップス」と呼ぶ人も。静岡空港の売店でも売られ、販売元では全国区を目指している。

 ポテトチップスを販売しているのは、静岡県西部の酒販店などでつくる「遠州夢倶楽部」(内沢繁会長)。1995年頃に発足してから、酒販売の枠を越え、地元食材を使った食品を開発、販売している。

 これまで、浜松市特産の「浜納豆」を使ったせんべい、同市の老舗カレー店のレトルトカレーなど約20種類の商品を送り出した。一番のヒット商品が97年発売の「三方原のポテトチップス」だ。

 同倶楽部によると、97年の出荷量は5000袋ほどだったが、「ジャガイモの味が残っている」と口コミで評判が広がり、2008年は20万袋以上を売り上げた。県外から取り寄せたり、まとめ買いしたりする人もいるという。

 味の秘訣(ひけつ)は「ジャガイモの新鮮さを閉じこめたこと」(内沢会長)。三方原地区の農家30~40戸から、とれたてのジャガイモを集め、その日のうちに同県吉田町の工場で加工し袋詰めする。味付けも機械だけに頼らず、人の手で塩の量を調整する。

 販売は同倶楽部に加盟する29店など。販売の時期と場所が限られるうえ、原料を三方原産に限定していることから、収穫量が減ると生産も減って品切れになることがある。今では、地元でもなかなか手に入らない貴重な商品として知られるようになった。

 今年も6月から店頭に並び、4日に開港した静岡空港内の売店でも販売している。今年は30万袋の売り上げを目標にしている。

 内沢会長は「地場産品から大きな夢をもらった。地元の人気も大事にしながら全国ブランドに育てたい」と意気込んでいる。


私のところの関連ページはこちらです。

ポテトチップ関連記事 ←  クリック

(有)カネマス福丸屋 ご注文ページ ← クリック


テーマ:お菓子 - ジャンル:グルメ

  1. 2009/06/25(木) 10:17:48|
  2. ポテトチップ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

コメント

ダイエット中だけご我慢できませんでした★
大量に欲しかったけど、セーブしておきます。。。
また来年出回ったら連絡ください★
わたしのブログでも今度宣伝しておくね!
  1. 2009/06/25(木) 17:02:25 |
  2. URL |
  3. あーこ #-
  4. [ 編集]

はーい あーこさん

毎年ありがとうございます。
スィートな幸せ太りですか?
  1. 2009/06/25(木) 17:47:06 |
  2. URL |
  3. fuku #0Sb7JT0w
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fukumaruya.blog110.fc2.com/tb.php/87-5e0fd283
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

三方原のポテトチップス 購入

フォークソングな日々:好奇心大学です。この記事へのトラックバック. 第5回はままつ好奇心大学!5日目2月25日(月) あきない学部 『「三方原のポテトチップス」物語』. [2/25]「三方原のポテトチップス」物語【はままつ好奇心大学!ブログ】at 2008年02月27日 12:10. ...
  1. 2009/06/25(木) 16:43:03 |
  2. 芸能界でのニュースダイジェスト

FC2Ad