ふくのうまうまプロジェクト

美味しい商品開発奮闘記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鯨と桜

         長瀬君     山田くん

私の町には2件の酒蔵があります。
恵那醸造と三千櫻酒造です。代表銘柄は鯨波と三千櫻。
どちらも小さな蔵なのですが若い社長でどちらの蔵も社長自らが杜氏の修行をして、いいお酒を造ろうと頑張っています。
いま、日本酒はビールや焼酎に主役を奪われ需要が減って苦難の時代を迎えています。
とっても美味しいのに若い人たちはまだまだいいお酒を知らないでいます。最近では乾杯も芋焼酎だったりして・・・・・
酒屋の端くれとして今何をすべきか考えてみました。
その気になれば世界の国からある程度何でも手に入るこんなグローバル社会なのに、あえて地元の蔵といいお酒を紹介して行こうと思っています。
先日、恵那醸造の社長が鯨と桜の純米酒のセットを組に来てくれました。
もう一枚は三千桜酒造の社長です。彼の利き酒能力はすばらしく恵那、中津川随一です。

三千桜酒造
明治十年(1877)の創業。「三千桜」は酒造行を始めた庄屋の四代目、山田三千介の名前に由来。
蔵元であり杜氏の山田耕司さんは、酒造かも基本は農業であるというポリシーを持っている。
極力農薬を使わず、自家栽培に徹した酒造好適米(五百万石)と自社のそう天然木野山から湧き出る清水を使用しての昔ながらの酒造り。
純米酒は米の旨味を残しつつ、さわやかな酸味とクリアな後味が好評で愛飲家をうならせています。
小さな蔵だから出来るこだわりと丁寧さで進化し続けている蔵元です。

恵那醸造
代表銘柄は「殿待ち」と「鯨波」。
創業は文政元年(1818)。
五代目当主が酒造りを開始し、現在の蔵元の長瀬裕彦さん(43)でなんと十一代目を数えます。
裕彦さんは平成19年に南部杜氏試験に合格。現在杜氏としても腕を上げています。
「鯨波」はこの蔵の水源になっている二ッ森山に流れる雲が優雅に泳ぐ鯨のようであったことから銘銘されています。米は恵那地区で栽培されている「ひだほまれ」です。
家族で醸造する小さな蔵ですが利き酒氏の主宰するコンテストなどで賞をとるなど確実にお酒が美味しくなっています。

追伸です
日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)という団体(きき酒師とか焼酎アドバイザーとかの団体です)があり、そこのイベントが先月11月16日に行われ鯨と桜は大健闘です。

どちらも入賞
地酒大Show2008冬・お燗にして美味しい日本酒にエントリーした桜は
お燗にして美味しい日本酒ゴールド賞

鯨は新年ならではの新酒コーナーランキング1位

  1. 2009/01/17(土) 05:27:53|
  2. 日本酒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

こんにちわ

美味しい日本酒かぁ~
地元に誇れる品があるっていいですね~^^
  1. 2009/01/17(土) 15:10:28 |
  2. URL |
  3. まあ♪ #-
  4. [ 編集]

いつもありがとう

頑張ってる仲間がいるといいですね。
連携でいけるように心がけています。
  1. 2009/01/18(日) 07:11:55 |
  2. URL |
  3. fuku #0Sb7JT0w
  4. [ 編集]

こっそり応援してるぜ!あーさんもブログにもリンク張っといたよ。あたしのもリンクしてくれ~
  1. 2009/01/19(月) 17:34:24 |
  2. URL |
  3. あー #-
  4. [ 編集]

(ノ゜ο゜)ノ オオオオォォォォォォ-

あーさんいらっしゃいませ^^
また歌を聞かせたくださいねー
今年こそロックフェス来てチョ
  1. 2009/01/20(火) 03:11:36 |
  2. URL |
  3. fuku #0Sb7JT0w
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fukumaruya.blog110.fc2.com/tb.php/56-5dd60a1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。