ふくのうまうまプロジェクト

美味しい商品開発奮闘記

創業100年

百周年

私で4代目なんですが今年でお店が100周年になりました。
小さいながらもよく生残ってきてきたものです。
振り返るとこんな田舎でもここ10年で環境は激変しました。
周りにたくさん大きなお店が出来て囲まれた状態で、お酒もディスカウンターの出現、雑貨はホームセンター、食品はチェーン店の出店お菓子はコンビニエンスといったぐあいです。
かなり響いたのは8年ほど前に店の前の道が下水道工事で通行不可能になったこと。
そのときをきっかけに激しく客離れを起こし売り上げが落ちました。
当然、本通りへ出てコンビニエンス化も考えましたが、契約を進め本部にも出向きあと少しというところで立て続けにお爺ちゃんとお婆ちゃんが無くなりました。
コンビニに契約するといったときの寂しそうなおばあちゃんの顔が思い出され結局、契約を五和算にしてしまいました。
今考えるとやめておいてよかったんですが・・・
実はそのコンビニエンスの本部が数年前に倒産し今はなくなってしまっています。
どこで何が起こるかわからない世の中ですね。
そのとき考え抜いた挙句に商品開発で生きていこうという今の路線になっています。
今では地元のおいしい伝統食品をレベルアップし商品化してふるさと中津川の情報発信しながら味の地域文化を次の世代につなげる仕事をしています。(海の無い岐阜県では食材を保存したり美味しく食べるための調味料文化や発酵を利用した保存文化があります。)
 福丸屋は平成21年で創業100年を迎えます。
新年にあたりお店の前で家族そろって記念撮影をしました。
小さな小売店の福丸屋がまちおこしで中津川伝統野菜のあじめコショウを使った商品開発「とんからしらすみそ」を交流先の仲間や地元の好辛倶楽部と販売したのをきっかけに商品開発と卸しをはじめて7年になります。
 四代目の私 が一人で外商をしているため商品が知られるまで時間がかかりましたが、やっと当社の旨味くるみみそが全国商工会連合会が運営するアンテナショップ「むらからまちから館」でも販売個数でベスト10に入るところまできました。
 行商の営業で歩く間いろいろな人と出会い支えられやってきました。
これからもほんの少しづつでも仕事を通じて地域の役に立てればと思います。

テーマ:岐阜県 東濃・中濃 - ジャンル:地域情報

  1. 2009/01/06(火) 06:30:29|
  2. あじめこしょう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

老舗なんですね~

息子さんも継ぐ予定なのかな?
あじめこしょうも、くるみ味噌など数々のヒット商品は、これはいけるって見る目があったんですね~^^
  1. 2009/01/11(日) 17:07:54 |
  2. URL |
  3. まあ♪ #-
  4. [ 編集]

いつもありがとう

今年はあじめこしょうでがんばりますよ~♪
息子は今、工業大学です。
ってことは・・・

好きなようにやろうw
  1. 2009/01/12(月) 08:42:33 |
  2. URL |
  3. fuku #0Sb7JT0w
  4. [ 編集]

100周年おめでとうございます。
息子さんは、工業大学ですか、 少し違う観点から物事を見るのも良いことです。
5代目誕生に・・・乾杯?、ちょっと早いかな?。
  1. 2009/01/15(木) 09:01:33 |
  2. URL |
  3. 多夢 #-
  4. [ 編集]

最近

小さなお店にも本気でやればまだ方法があるんだなってちょっとだけ思えるようになってきました。
息子は継がせるつもりは無くてやりたい方向を自分でやっていってくれればいいと思っています。
  1. 2009/02/09(月) 01:28:12 |
  2. URL |
  3. fuku #0Sb7JT0w
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fukumaruya.blog110.fc2.com/tb.php/55-46a76b99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad