ふくのうまうまプロジェクト

美味しい商品開発奮闘記

視察と新年会そしてニューハーフのお店

私の町の商店会「発展会」のメンバーの視察と新年会で名古屋の大須商店街へ行きました。
大須は名古屋の活気のある商店街で東京で言えば秋葉原と巣鴨を一緒にしたような所で電気街やアジア風味の店や面白い飲食店やレトロなお店や若い人が運営するファッションナブルな衣料、古着屋など本当にさまざまなお店がいっぱいです。
私は一日一人でいても飽きない所です。
前に使っていたパソコンはここで買い揃えた部品を自分で組み立てたものでした。いまのは大須のショップモデルです。
あと今愛用のエレアコのギターのオベーションもここで買った中古品です。
商店主6名の相乗りワゴンでいざ出発。
車の中はいきなり酒盛り・・・・・
商店を見て回りお昼は中華街で注文しまくりでもう食べれません状態に
リバウンド必至・・・・
いまだに怖くて体重計に乗れませんです。
あじめコショウの唐辛子ダイエットも水の泡かな・・
午後は自由時間で5時まで一人でうろうろです。
集合していざ居酒屋で新年会に突入です。
またたらふく食べて・・・
帰りの運転手なので完全にワリカン負けで食うしかないです。
目の前に食べ物が来ると食べてしまう自分が怖い・・・
二次会はニューハーフのお店開拓です。
まずは居酒屋で情報を収集して男性4名、女性2名の叔父さん叔母さんの集団でなだれ込みです。
名古屋ニューハーフショーク ラブ 「AQUA」アクアへGoGo!

私はニューハーフのお店は大阪のべティーのマヨネーズ以来でしたが名古屋にもあったんですね、ちゃんとショウもやってるところが。
一生懸命さが伝わってなんだかさわやかな気分で大笑いしたり美しさに見入ったりでした。
よし、今度オフ会やったら二次会はここだ!
写真入の名詞をいっぱいもらっちゃいました。
興味のある方は見てあげてください。
ホームページ 名古屋ニューハーフショーク ラブ 「AQUA」アクア
1065302128_89.jpg

テーマ:名古屋・愛知 - ジャンル:地域情報

  1. 2009/01/29(木) 00:55:35|
  2. 気ままな絵日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

芋松葉ミルクチョコレート

  1062702586_93.jpg  1062702586_149.jpg  1062702586_15.jpg


さつま芋にチョコをコーテイング
まだ市場には出ていない素材を発見
加工はOK
頭の中でストーリーも出来た

速攻社長に電話・・・
うちのPBでやらせてください!

速攻でラベル製作しました。

あとは農家に交渉です。

役員会議に出席してきます。

バレンタインに間に合うかな・・・

1064599142_241.jpg 1064599142_133.jpg

もう一つのホワイトチョコバージョン作成中ラベル




テーマ:美味しくて、オススメ! - ジャンル:グルメ

  1. 2009/01/26(月) 09:40:27|
  2. 芋松葉チョコレート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

とんからしらすみそ

20080429(001).jpg
(写真は東京ミットランドのガレリアにあるメードインジャパンさんの「THE COVER NIPPON」)
http://www.thecovernippon.jp/

「とんからしらすみそ」はあじめコショウから生まれた特産品第一号です。
とうがらし+しらす+みそ=とんからしらすみそ

名付け親は静岡の地域づくり団体「めだかの学校」の上嶋さん?
デザイナーの上嶋さんが初代のラベルを作りました。

きっかけは「めだかの学校」の帰りに上嶋さんの幼馴染で「遠州夢倶楽部」の中心人物の鈴木さんのところにあじめコショウと地元の唐辛子味噌をお土産に持っていったことで、鈴木さんがえらく気に入ってくださり自分たちの商品開発をしようといってくださったことでした。
現在のラベルは表示義務がいろいろと増えてそれをきっかけにあじめコショウを強調して私が手直ししたものです。

唐辛子は当然好辛倶楽部のあじめコショウです。
しらすはそのあと上嶋さんがコンサルで商品開発に入った舞阪のもの
みそは鈴木さんが見つけてきた当時に全国の品評会で上位に入選していた養命酒グループのヤマツルの信州こうじ味噌で現在は更にレベルの高い毎年のように賞をとっている岡谷の松亀さんの所のを使用しています。
プライベートブランドとしてやまつるさんに委託製造をおねがいしています。
味を作り上げたのは工場長のあのヒット商品の駒ヶ根の「ソースカツ丼 旨味ソース」をつくった木下さんです。
木下さんは今でも月に2回みずからとんからしらすみそを運んできてくださっています。
今では「きりら坂下」を中心に地元の道の駅の人気商品になっています。

テーマ:美味しくて、オススメ! - ジャンル:グルメ

  1. 2009/01/25(日) 04:54:05|
  2. とんからしらすみそ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

とんからしらすみそのおにぎり

1059943548_124.jpg    1060003917_141.jpg   554502276_151.jpg

市場の中にあるこだわりの「おにぎり工房」さんです。
とんからしらすみそを使っておにぎりを作ってくださいました。
受注生産なので何かの会のときなどお願いしてみて下さい。
私はイベントのときや試食販売などに販売しています。

テーマ:美味しくて、オススメ! - ジャンル:グルメ

  1. 2009/01/25(日) 04:13:15|
  2. とんからしらすみそ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

くるみみそ簡単レシピ

    1059943548_154.jpg       1059943548_149.jpg

1.ゆでた野菜に!

ゆでた里芋にくるみみそを乗せて撮ってみました。
ゆでた里芋や大根、こんにゃくはシンプルだけどよく合います。

2.焼いたナスに

あったまったフライパンにごま油をひいて縦割りの茄子を焼きます。
くるみ味噌を乗せれば美味しい茄子田楽が出来ます。

3.お餅に

お餅を焼いて乗せるだけです。



4.焼きおにぎりに
1059943548_124.jpg


焼きおにぎりにつけたりそのままご飯に乗せたりします。

5.ごへいもちに

さめたご飯をつぶして形を整え割り箸を刺します。
(さめていないと焼くときに落ちやすい)
くるみ味噌をみりんで少し緩めてたれを作ります。
あとは付け焼きすればおいしい五平餅が出来ます。

6.芋もち
ご飯を炊くときに皮を剥いた里芋を数個一緒に入れて炊きます。
あとは五平もちと同じです。
ホットプレートで焼いてもいいですね。

7.豆腐田楽に
豆腐を焼いてくしに刺しくるみ味噌と木の芽を乗せます。


☆ 他にもいろいろ試してコメントにアップしてくださいね。

テーマ:これは美味い!! - ジャンル:グルメ

  1. 2009/01/23(金) 09:40:51|
  2. くるみみそ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

くるみみそ

sinnbunn kurumi

先日の出来事に取材がはいりました。
そんでもってくるみみそをプレゼントに協賛しました。
岐阜県の東美濃地方限定ですが近くの方は応募してみてくださいね。

テーマ:岐阜県 東濃・中濃 - ジャンル:地域情報

  1. 2009/01/22(木) 11:39:30|
  2. くるみみそ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

友だちのライブへ

nisihara01    n002   n003



あわてて吉田から浜松へ移動です。
2時からのコンサートなのに・・・すでに2時です。
カーナビにライブハウスの電話番号を入れましたが登録無し。
友達に電話するがでません。
とにかく浜松まで行き近くまでいってコンビニで聞いてもわからない。
ライブハウスに電話をして住所を聞くことにしました。
電話の向こうで友達の歌声が・・・
いそげえ
やっとついたけど次の出演者が歌ってる最中。
様子から今日のメインの人のようです。
一曲を歌い終わるのをまってやっと久しぶりに友達と再会です。
一番前の良い席を譲ってもらい申し訳なく思いながらライブを楽しみました。写真は出演者との記念です。
めんそーれさんに感謝です。

メインは笑顔が素敵な太田幸直さん
http://profile.ameba.jp/yukinao82/

電子ピアノの弾き語りでした。
浜松の出身で現在沖縄在住の歌手です。

そしてこちらが友だちのめんそーれさん
http://blog.goo.ne.jp/torm2yan

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

  1. 2009/01/20(火) 22:42:06|
  2. イベント情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

東濃男爵じゃがいものポテトチップ

matuura

1月18日
急遽静岡へ行ってきました。今回は1日に3箇所の強行軍です。
まずはオリジナルの季節限定の東濃ポテトチップの今年の打ち合わせに
日曜なので相手はすべてお休みなのに無理やりアポを取っていったのに付き合ってくださいました。
お土産にうちのピリカラ糀と中津川名物の栗きんとんを持参。
当然栗きんとんは放置してピリカラ糀を開けてその場でポテチにつけて試食です。
社長と奥さんには好評でした。
そこで奥さんのうれしい一言「ポテチよりご飯で食べたい!」
うれしくなって400gの大きなパックをもう一個おいてきました。

社長の松浦さんは本当にいつ行っても仕事が忙しそうで本当に働者っていう感じです。
原料のじゃが芋についていろいろと話してきました。
ウンチクよりアウトプットの質や味が大事だという共通の意見でした。
製造工程の工夫も結局は原料がポテチに適していないと歩留まりも悪くなってしまいます。同じ厚さに切ってもふっくらとふくらんで揚がるものと、ちじんでしまうものがあるそうです。
さすがだと思ったのは原料を小まめに生産者ごとにメモを取っておられ○○さんのところのじゃが芋はいいとかこっちはだめだとか名指しの世界です。
言われた事を生産者にフィードバックしたいと思います。
ついつい製品のことで話し込んでしまい時間オーバー・・・
でもとても貴重な時間でした。

急げええ次が間に合わない・・

ページに乗せることを言って工場の直営店の前で写真を撮らせていただきました。

「はい、ぽてちー」パチリ!

テーマ:岐阜県 東濃・中濃 - ジャンル:地域情報

  1. 2009/01/20(火) 02:58:02|
  2. ポテトチップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鯨と桜

         長瀬君     山田くん

私の町には2件の酒蔵があります。
恵那醸造と三千櫻酒造です。代表銘柄は鯨波と三千櫻。
どちらも小さな蔵なのですが若い社長でどちらの蔵も社長自らが杜氏の修行をして、いいお酒を造ろうと頑張っています。
いま、日本酒はビールや焼酎に主役を奪われ需要が減って苦難の時代を迎えています。
とっても美味しいのに若い人たちはまだまだいいお酒を知らないでいます。最近では乾杯も芋焼酎だったりして・・・・・
酒屋の端くれとして今何をすべきか考えてみました。
その気になれば世界の国からある程度何でも手に入るこんなグローバル社会なのに、あえて地元の蔵といいお酒を紹介して行こうと思っています。
先日、恵那醸造の社長が鯨と桜の純米酒のセットを組に来てくれました。
もう一枚は三千桜酒造の社長です。彼の利き酒能力はすばらしく恵那、中津川随一です。

三千桜酒造
明治十年(1877)の創業。「三千桜」は酒造行を始めた庄屋の四代目、山田三千介の名前に由来。
蔵元であり杜氏の山田耕司さんは、酒造かも基本は農業であるというポリシーを持っている。
極力農薬を使わず、自家栽培に徹した酒造好適米(五百万石)と自社のそう天然木野山から湧き出る清水を使用しての昔ながらの酒造り。
純米酒は米の旨味を残しつつ、さわやかな酸味とクリアな後味が好評で愛飲家をうならせています。
小さな蔵だから出来るこだわりと丁寧さで進化し続けている蔵元です。

恵那醸造
代表銘柄は「殿待ち」と「鯨波」。
創業は文政元年(1818)。
五代目当主が酒造りを開始し、現在の蔵元の長瀬裕彦さん(43)でなんと十一代目を数えます。
裕彦さんは平成19年に南部杜氏試験に合格。現在杜氏としても腕を上げています。
「鯨波」はこの蔵の水源になっている二ッ森山に流れる雲が優雅に泳ぐ鯨のようであったことから銘銘されています。米は恵那地区で栽培されている「ひだほまれ」です。
家族で醸造する小さな蔵ですが利き酒氏の主宰するコンテストなどで賞をとるなど確実にお酒が美味しくなっています。

追伸です
日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)という団体(きき酒師とか焼酎アドバイザーとかの団体です)があり、そこのイベントが先月11月16日に行われ鯨と桜は大健闘です。

どちらも入賞
地酒大Show2008冬・お燗にして美味しい日本酒にエントリーした桜は
お燗にして美味しい日本酒ゴールド賞

鯨は新年ならではの新酒コーナーランキング1位

  1. 2009/01/17(土) 05:27:53|
  2. 日本酒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

創業100年

百周年

私で4代目なんですが今年でお店が100周年になりました。
小さいながらもよく生残ってきてきたものです。
振り返るとこんな田舎でもここ10年で環境は激変しました。
周りにたくさん大きなお店が出来て囲まれた状態で、お酒もディスカウンターの出現、雑貨はホームセンター、食品はチェーン店の出店お菓子はコンビニエンスといったぐあいです。
かなり響いたのは8年ほど前に店の前の道が下水道工事で通行不可能になったこと。
そのときをきっかけに激しく客離れを起こし売り上げが落ちました。
当然、本通りへ出てコンビニエンス化も考えましたが、契約を進め本部にも出向きあと少しというところで立て続けにお爺ちゃんとお婆ちゃんが無くなりました。
コンビニに契約するといったときの寂しそうなおばあちゃんの顔が思い出され結局、契約を五和算にしてしまいました。
今考えるとやめておいてよかったんですが・・・
実はそのコンビニエンスの本部が数年前に倒産し今はなくなってしまっています。
どこで何が起こるかわからない世の中ですね。
そのとき考え抜いた挙句に商品開発で生きていこうという今の路線になっています。
今では地元のおいしい伝統食品をレベルアップし商品化してふるさと中津川の情報発信しながら味の地域文化を次の世代につなげる仕事をしています。(海の無い岐阜県では食材を保存したり美味しく食べるための調味料文化や発酵を利用した保存文化があります。)
 福丸屋は平成21年で創業100年を迎えます。
新年にあたりお店の前で家族そろって記念撮影をしました。
小さな小売店の福丸屋がまちおこしで中津川伝統野菜のあじめコショウを使った商品開発「とんからしらすみそ」を交流先の仲間や地元の好辛倶楽部と販売したのをきっかけに商品開発と卸しをはじめて7年になります。
 四代目の私 が一人で外商をしているため商品が知られるまで時間がかかりましたが、やっと当社の旨味くるみみそが全国商工会連合会が運営するアンテナショップ「むらからまちから館」でも販売個数でベスト10に入るところまできました。
 行商の営業で歩く間いろいろな人と出会い支えられやってきました。
これからもほんの少しづつでも仕事を通じて地域の役に立てればと思います。

テーマ:岐阜県 東濃・中濃 - ジャンル:地域情報

  1. 2009/01/06(火) 06:30:29|
  2. あじめこしょう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

昨年一年ネットを通じて交流してくださった皆さん
ほんとにお世話になりました。
そして楽しい時間をありがとうございました。
また遊んでやってくださいm(__)m

今年の私のテーマは「風のように」
1.動くこと風の如し

見る前に跳べ
考えるより、行動に移すことが今の自分には大切。
そんなときがある
一人で確実ということを大切にしてきたのでやっているのでスピードがのろいのがうとましい
でも仕事を楽しんでる。

今年はスピードを大切にしたい。

2.「風」のひと

私の知っている長野県に「風土舎」という地域づくりの団体がある。
土は地元にドンと腰をすえての活動
そして「風」は自由にいろいろなところへ動き回って交流していくこと

今年は風のひとになってみよう・・・



このページですが携帯のブログもよろしくです。
小さな小売店の奮戦記です。
QRコードでみれます。

ぜひぜひあなたのコメントをお待ちしていますね。

ふくのうまうまプロジェクト 携帯版
ブログQR

パソコンへのメールはこちらへ tonkara_2594@yahoo.co.jp

ご注文はパソコンからホームページか上のメールで^^

(有)カネマス福丸屋ホームページ 

テーマ:雑記 - ジャンル:お笑い

  1. 2009/01/02(金) 09:31:16|
  2. きままな絵日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad