ふくのうまうまプロジェクト

美味しい商品開発奮闘記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あじめコショウの七味風味のぽてとちっぷが「dancyu」で紹介されました。

プレジデント社のdancyuから取材をいただき10月号であじめこしょうの七味風味のぽてとちっぷすが紹介されました。

danchu01
スポンサーサイト
  1. 2017/09/10(日) 20:41:32|
  2. ポテトチップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東濃男爵じゃがいものポテトチップ

東濃男爵じゃがいものポテトチップ東濃ポテチ
お待たせいたしました。いよいよです。年に一度しか作らない限定品「東濃男爵じゃが芋のポテトチップ」を発売です。おかげさまで毎年大好評のうちに6年目を迎えました。
 原料の新ジャガの男爵は、岐阜県恵那市明智町のお母さんたちが手分けをして作付けしてくださいました。その中から良いじゃがいもを厳選し、今年は1048Kgを工場まで運びました。ポテトチップは厳選した新じゃがの掘りたて、揚げたてでお届けいたします。もちろん例年のごとく、じゃが芋の本来の味がするということにこだわった無添加、天然塩のうす塩味です。
今年のバージョンアップは塩が海洋深層水の美味しい塩になったこと。
改善は袋が四方閉じから三方閉じになったことと、1ケース18入りから15入りに変更で割れにくくなったことです。

輸送
集荷した日の夜中に工場まで運びます。
新じゃがいもが一番美味しい時に掘って、いいものを選別、掘りたてを工場に輸送、すぐに加工。量が少ないからこまめな連携がとれています。

男爵じゃが芋
「東濃男爵じゃが芋のポテトチップ」の原料は男爵じゃがいもです。大手はほとんどトヨシロという品種です。表面がデコボコなので歩留まりは悪いですがじゃが芋の味がする美味しいポテトチップができます。ほかに、メークイン、トヨシロ、北あかり、海老芋、など、いろいろ試した結果、今の男爵じゃがいもで作ることになりました。

今年も工場の社長にお母さんたちが育てた馬鈴薯は「綺麗な芋やね!」と言ってほめていただき私も嬉しかったです。生産者に伝えますよ^^

洗浄
男爵じゃがいもの洗浄 ← 動画
高速回転で一皮むけた綺麗な状態になります。

スライス
食感をよくするためとじゃがいも本来の味を求めホンの少しだけ厚切りです。

ブラウチング
男爵じゃがいものポテトチップ ブランチング  ← 動画
ゆでる、蒸すなどの加熱処理。野菜の酵素や微生物のはたらきを止め、加工や保存中の変化を防ぐ工程です。

釜揚げ
男爵じゃがいものポテトチップ 釜揚げ  ← 動画
何度見ても釜揚げの様子は豪快です。これが他社との違いで美味しさの秘密のひとつです。

味付け
男爵じゃがいものポテトチップ 味付け  ← 動画
味付けは機械に任せっぱなしにせず人の手で微調整されています。

製品


926864270_148.jpg  東濃ポテトチップ  東濃ポテトチップ  朝日 ポテチ 平成25年東濃ポテチ

年にたった一度きり約2000袋くらいしか作れないので一部では幻のポテチと言われるようになりました。

有限会社 カネマス福丸屋
↑ クリックでネットでも買うことができます。

地産地消で美味しいものを地元のためにつくりました。
せっかくなら出来るだけ出来立てを食べて欲しいです。
こちらでもお買い求め頂けます。

有限会社 カネマス福丸屋(中津川市福岡)・おんさい工房(恵那市明智町)
道の駅 五木のやかたかわうえ・道の駅 きりら坂下・道の駅 らっせいみさと
花街道付知農家直売所・もくもくセンター・浪漫亭(恵那市明智町)
中津川にぎわい特産館・恵那テラス・きなーた瑞浪
ちこり村・ミスターイングリッシュ・ほっとはーと山田
福岡農家直売所・上扇屋(馬籠)

テーマ:岐阜県 東濃・中濃 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/08/13(火) 20:48:31|
  2. ポテトチップ
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

三方原 男爵じゃが芋のポテトチップ

無添加ポテチ

毎年人気の三方原 男爵じゃが芋のポテトチップが今年もあと少しとなりました。

このポテトチップはじゃが芋が一番おいしい時期だけの毎年大人気の季節限定販売品です。
原料は名前の通り、東京の一流レストランが指名するというブランド野菜の「三方原 男爵じゃがいも」です。
浜松市北部に広がる赤土の三方原は、全国に知られる美味しいじゃがいもの産地。
三方原ポテチは、ここで収穫したばかりの新じゃがをスライスして即揚げ、昔ながらの釜揚げ製法でつくりました。じゃが芋の本来の味を大切にするためうま塩だけの味付けです。

いよいよ今日発注したものが今年の最終の入荷となります。
ということであと600袋で販売終了です。

(有)カネマス福丸屋 ご注文ページ ← クリック

テーマ:お取り寄せ - ジャンル:グルメ

  1. 2011/09/16(金) 14:26:45|
  2. ポテトチップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東濃男爵じゃが芋のポテトチップ

東濃ポテチ

平成23年9月3日 中日新聞
中日h230903

農家のお母さんたちや静岡の仲間、
お菓子工場の社長などいろんな方々の協力で
地元の男爵じゃがいものポテトチップが
今年も美味しくできました。
ここ数年は少量だったためあっという間になくなり
ましたが今年は昨年の2.7倍の2、700袋あるんです。
岐阜県の東美濃の道の駅でみかけたらよろしくお願いします。
我が家も店頭に手書き看板を立てました。

東濃男爵じゃが芋のポテトチップ ←

ポテチ看板

テーマ:お菓子 - ジャンル:グルメ

  1. 2011/09/14(水) 11:55:07|
  2. ポテトチップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

七味風味のポテトチップ

七味ポテチ

あじめコショウの七味のポテトチップですが
ポテチの工場の社長から電話でやっと七味ののりにOKがでて
やっとラベルの製作に入りました。

最初に贈った七味はうちが普通に販売しているものだったのですが
荒すぎてポテトチップにうまくつかないでかなり落ちてしまうということでポテトチップ用のものを特別につくり工場に送りました。


ラベルは和のイメージにしようと思いあれこれ悩んだ末にシンプルにすることにしました。これでもこてこてかなw
  1. 2010/04/19(月) 16:09:50|
  2. ポテトチップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

三方原 男爵じゃが芋のポテトチップ

Image1.jpg
写真は三方原の夢倶楽部のメンバーのお店です。

今年も大人気のポテトチップの販売開始です。
早くも2回目の発注で静岡とやり取りです。
このポテトチップは
ポテトチップ関連記事 ←  クリック
こんなかんじでみんなで大切に育ててきたものです。


昨日、24日の読売新聞の全国版に出たみたいでてんやわんやになりそう・・・
まずは確認です。
新聞屋とコンビニになかったので商店街の仲間のお店で読売新聞をゲット
あれれ、岐阜県は乗ってないの??
ネット注文が来てるのでのってるはずだけど・・・
仕方ないのでネットで検索開始
あったあああ
下記が記事の内容です。


(2009年6月24日07時14分 読売新聞)
これが噂の“幻のポテトチップス”…浜松産、口コミで人気


浜松市の酒販店で、今年も店頭に並んだ「三方原のポテトチップス」 浜松市北区の三方原地域で収穫されたジャガイモを使った「三方原のポテトチップス」が人気を集めている。

 収穫時期の6~9月にだけ販売されることなどから「幻のポテトチップス」と呼ぶ人も。静岡空港の売店でも売られ、販売元では全国区を目指している。

 ポテトチップスを販売しているのは、静岡県西部の酒販店などでつくる「遠州夢倶楽部」(内沢繁会長)。1995年頃に発足してから、酒販売の枠を越え、地元食材を使った食品を開発、販売している。

 これまで、浜松市特産の「浜納豆」を使ったせんべい、同市の老舗カレー店のレトルトカレーなど約20種類の商品を送り出した。一番のヒット商品が97年発売の「三方原のポテトチップス」だ。

 同倶楽部によると、97年の出荷量は5000袋ほどだったが、「ジャガイモの味が残っている」と口コミで評判が広がり、2008年は20万袋以上を売り上げた。県外から取り寄せたり、まとめ買いしたりする人もいるという。

 味の秘訣(ひけつ)は「ジャガイモの新鮮さを閉じこめたこと」(内沢会長)。三方原地区の農家30~40戸から、とれたてのジャガイモを集め、その日のうちに同県吉田町の工場で加工し袋詰めする。味付けも機械だけに頼らず、人の手で塩の量を調整する。

 販売は同倶楽部に加盟する29店など。販売の時期と場所が限られるうえ、原料を三方原産に限定していることから、収穫量が減ると生産も減って品切れになることがある。今では、地元でもなかなか手に入らない貴重な商品として知られるようになった。

 今年も6月から店頭に並び、4日に開港した静岡空港内の売店でも販売している。今年は30万袋の売り上げを目標にしている。

 内沢会長は「地場産品から大きな夢をもらった。地元の人気も大事にしながら全国ブランドに育てたい」と意気込んでいる。


私のところの関連ページはこちらです。

ポテトチップ関連記事 ←  クリック

(有)カネマス福丸屋 ご注文ページ ← クリック


テーマ:お菓子 - ジャンル:グルメ

  1. 2009/06/25(木) 10:17:48|
  2. ポテトチップ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

三方原 男爵じゃがいものポテトチップ

無添加ポテチ

三方原 男爵じゃがいものポテトチップはじゃが芋が一番おいしい時期だけの毎年大人気の季節限定販売品です。本年もやっと生産開始です。
お待たせしましたやっと入荷しました。
でもこの時期はまだ生産量が少なく出荷がまにあいません・・・

道の駅に卸す前に先行して平成21年度のネット販売の開始です。

お買い求めはこちらから → (有)カネマス福丸屋

テーマ:お菓子 - ジャンル:グルメ

  1. 2009/06/08(月) 11:27:43|
  2. ポテトチップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浜名湖のりしおポテトチップス

1102749275_104.jpg  1102749275_191.jpg


今ひそかに商品開発しているのが「あじめコショウ(わが町の伝統野菜の唐辛子)」を使った七味です。
先日、静岡にいったときサンプルを頂いて帰ったのですが帰りに車の中に海苔のいい香りがいっぱいになるほどでした。
ひとづつ材料さがしの旅をしてるんです。

浜名湖海苔の打ち合わせをしていて遠州夢倶楽部から浜名湖海苔のポテトチップが発売になることを知りうちでも交流販売をすることになりました。
私の夢倶楽部と遠州夢倶楽部さんとの特産品の交流はすでに10年以上になりました。

のりしおチップスの1回目の入荷は販売終了。
次の入荷は木曜あたりです。

浜名湖では海水と淡水が混ざり合い、豊富な魚介類が水揚げされます。
海苔の養殖も盛んで昔は江戸と並んで一大産地として有名。
なかでも味と香りが良く人気の青海苔を使用です。

焼津沖の駿河湾の水深200m以下から汲み上げられた海洋深層水は、
河川や海の表層水に比べて、細菌や有害物質がはるかに少ない煽情性を持ちながら、豊富なミネラル栄養素を含みます。この深層水から作った塩だけを使用しています。

もちろんじゃが芋も国産です。

遠州夢倶楽部さんの「見方原 三方原 男爵 ポテトチップ(無添加)」につづく 無添加ポテトチップ第2作目です。

浜名湖のりしおポテトチップス←ここでお買い上げいただけます

テーマ:これは美味い!! - ジャンル:グルメ

  1. 2009/03/09(月) 05:32:54|
  2. ポテトチップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

東濃男爵じゃがいものポテトチップ

matuura

1月18日
急遽静岡へ行ってきました。今回は1日に3箇所の強行軍です。
まずはオリジナルの季節限定の東濃ポテトチップの今年の打ち合わせに
日曜なので相手はすべてお休みなのに無理やりアポを取っていったのに付き合ってくださいました。
お土産にうちのピリカラ糀と中津川名物の栗きんとんを持参。
当然栗きんとんは放置してピリカラ糀を開けてその場でポテチにつけて試食です。
社長と奥さんには好評でした。
そこで奥さんのうれしい一言「ポテチよりご飯で食べたい!」
うれしくなって400gの大きなパックをもう一個おいてきました。

社長の松浦さんは本当にいつ行っても仕事が忙しそうで本当に働者っていう感じです。
原料のじゃが芋についていろいろと話してきました。
ウンチクよりアウトプットの質や味が大事だという共通の意見でした。
製造工程の工夫も結局は原料がポテチに適していないと歩留まりも悪くなってしまいます。同じ厚さに切ってもふっくらとふくらんで揚がるものと、ちじんでしまうものがあるそうです。
さすがだと思ったのは原料を小まめに生産者ごとにメモを取っておられ○○さんのところのじゃが芋はいいとかこっちはだめだとか名指しの世界です。
言われた事を生産者にフィードバックしたいと思います。
ついつい製品のことで話し込んでしまい時間オーバー・・・
でもとても貴重な時間でした。

急げええ次が間に合わない・・

ページに乗せることを言って工場の直営店の前で写真を撮らせていただきました。

「はい、ぽてちー」パチリ!

テーマ:岐阜県 東濃・中濃 - ジャンル:地域情報

  1. 2009/01/20(火) 02:58:02|
  2. ポテトチップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東濃男爵じゃがいものポテトチップ

929889114_189.jpg
お店の前に「あのぽてち入荷しました」の手作り看板を置いてみたら
あのぽてちってどれ?といって通りすがりのお客さんが買ってくれるようになりました。
地道な努力の積み重ねですね^^
東濃男爵じゃがいものポテトチップもおかげさまであと7ケースになりました。

テーマ:お菓子 - ジャンル:グルメ

  1. 2008/09/11(木) 12:13:36|
  2. ポテトチップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東濃男爵じゃがいものポテトチップ

地元の中日新聞の系列の恵峰ホームニュースさんの取材があったので
ポテチをプレゼントしてみました。

応募先はここですね

〒509-9132
岐阜県中津川市茄子川中垣外1683の1388
恵峰ホームニュース

岐阜県の恵那地方のかたしかだめかな・・・?


926864270_148.jpg

テーマ:お取り寄せグルメ - ジャンル:グルメ

  1. 2008/09/08(月) 11:40:23|
  2. ポテトチップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東濃ポテトチップ

東濃ポテトチップ

 

テーマ:お菓子 - ジャンル:グルメ

  1. 2008/09/08(月) 10:39:52|
  2. ポテトチップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岐阜県東美濃の男爵じゃがいものポテトチップ

今年もやっと地元の男爵じゃがいもでポテトチップが出来ました。

コンセプトはじゃがいも本来の味を楽しむポテトチップで製法は三方原とおなじ昔ながらの釜揚げ製法。

こちらも無添加で一袋120g入りのぎっしりの2倍の量で320円売りです。
加工賃などが15%値上げされましたがラベルなどコストダウンをかけ
吸収し切れなかった分はがまんして昨年と同じ価格での販売となりました。
岐阜県恵那市明智町の農家のお母さんたちにじゃがいもの生産をお願いしたのですが
畑を掘ってみたら今年は不作で同じ作付け面積なのに量が昨年の半分以下・・・
質的には多少こぶりながらなかなかいい感じです。
昨年2トンのところ今年は650Kgしかなくって、そのじゃがいもを静岡の加工委託先まで
トラックを借りて自分で運び、加工をまって出来上がった大切なポテトチップを積んで帰ってきました。
委託先の社長さんから朝7時に原料を持ち込んでくださいといわれ、朝4時の出発でした。
お昼には650Kgの男爵じゃがいもから18袋入り86ケースで1550袋のポテトチップが出来ました。
工場長と相談して塩分を工夫したため昨年より更に美味しくなりました。

販売は東美濃地方限定で、きりら坂下、花街道付知道の駅内の農家直売所、博石館、ちこり村、
明智大正村のおんさい工房、山岡おばあちゃん市などで行っています。

釜揚げ

テーマ:お菓子 - ジャンル:グルメ

  1. 2008/09/03(水) 18:58:35|
  2. ポテトチップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東濃男爵じゃがいものポテトチップ

東濃ポテトチップ
今年もおんさい工房さんと協力して東濃男爵じゃがいものポテトチップの作製準備に入りました。
昨年は完売だったのですが、原材料の値上げで価格のことやラベルのことなどまだまだ検討しなければいけないことがありそうです。
じゃがいもは岐阜県の恵那の明智で順調に育っているようです。
8月の上旬には出来ると思います。
写真は昨年の9月7日の岐阜新聞です。

テーマ:お取り寄せグルメ - ジャンル:グルメ

  1. 2008/07/19(土) 12:51:15|
  2. ポテトチップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三方原 男爵じゃがいも ポテトチップ

今年もやっと夏季限定の三方原 男爵じゃがいも ポテトチップの販売をはじめました。

原料は名前の通り、東京の一流レストランが指名するというブランド野菜の「三方原 男爵じゃがいも」
です。
浜松市北部に広がる赤土の三方原は、全国に知られる美味しいじゃがいもの産地。
三方原ポテチは、ここで収穫したばかりの新じゃがをスライスして即揚げる「3たて製法」。
自然塩だけで味付けした無添加食品です。
 昨年、お客様から味が少し物足らないとのご意見を参考にほんの少しだけ塩味をまして更に美味しくなりました。

お問い合わせは (有)カネマス福丸屋 まで
ホームページ http://www.fukumaruya.co.jp/

テーマ:お取り寄せグルメ - ジャンル:グルメ

  1. 2008/06/26(木) 10:49:15|
  2. ポテトチップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三方原男爵ポテトチップ

夏期限定・無添加・うま塩・2倍サイズ

じゃが芋が一番おいしい時期だけの限定販売品です。じゃが芋の本来の味を大切にするためうま塩だけの味付けで釜揚げでつくりました。

今から15年ほど前に岐阜県の福岡町で地域づくり団体をおこしました。名前は夢倶楽部。町内外のやる気のあるおもしろい人やいろいろな分野でがんばっている人のネットワークをかけていろいろな文化イベントに取り組んでいました。
ある日、静岡からこちらにも夢倶楽部ができたのでということで視察交流の申し込みがありました。
こちらで交流会をすることになりお互いの特産品や開発商品を持ち寄り試食会をしていけそうなものをお互いの町で交換販売することになりました。
その席でなにをつくったらいいと思う?という質問にポテトチップを提案しました。
幸い遠州には三方原というブランドジャガイモの美味しい山地があります。
行動力のある彼らはすぐに商品化したものの脂が回ったりして日持ちしない・・・・・。
うちも販売&委託販売をかけたものの、返品を食ってるうちに腹が出る・・・
毎年、塩を変え、脂を変え、パッケージを変え、製法を変えと改良を繰り返し2年前くらいから評判を呼びはじめ昨年になって火がついた。
こだわり続けた結果じゃがいも本来の味を大切にした新じゃがの季節だけの限定販売となりました。
昨年は7月に1月で1000万円を超える生産出荷にまでそだちました。そこまで頑張った遠州夢倶楽部に拍手です。
なぜだか自分が儲けるのは下手だけど自分の周りを儲けさせるのは得意なんだよね。(汗)

これからも人のつながりを大切に地域に貢献できる仕事をしていきたいと思います。
無添加ポテチ


ご注文はこちら → (有)カネマス福丸屋



テーマ:お菓子 - ジャンル:グルメ

  1. 2007/07/01(日) 07:32:25|
  2. ポテトチップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。